小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


小学校受験新聞TOP首都圏小学校一覧 >森村学園初等部
 もりむらがくえん しょとうぶ

森村学園初等部

                         

〒226-0026
横浜市緑区長津田町2695
TEL/045-984-2509
FAX/045-984-6996
URL/http://www.morimura.ed.jp/

 

校長名 小栗 透
創立 1910年
児童数 720名
アクセス 東急田園都市線 つくし野駅より徒歩5分
スクール
バス
なし

最新情報

  


◆在校生保護者の声は コチラ 

 

■H29年度 学校説明会

第1回学校説明会
5月13日(土) 10:00〜11:30 説明会終了後、校舎内の見学が可能です

授業公開 1
6月6日(火) 9:40〜12:10 見学には申し込みが必要です

授業公開 2
6月8日(木) 9:40〜12:10 見学には申し込みが必要です

第2回学校説明会
9月2日(土) 10:00〜11:30 説明会終了後、校舎内の見学が可能です

第3回授業公開・ミニ学校説明会
2018年2月2日(金) 9:40〜12:10 人数限定での説明会となります。見学には申し込みが必要です

詳しくは こちら

 

■29年度 公開行事

運動会
5月20日(土) 8:50〜15:30(終了予定/一般の方の見学は15:00まで) 見学には事前申し込みが必要です

展覧会
12月2(土) 12月3日(日) 9:00〜15:00 見学には申し込みが必要です

学芸会
2月25日(日) 8:50〜15:30(予定) 見学には申し込みが必要です

詳しくは こちら

 

 

森村学園初等部 展覧会レポート はこちら

森村学園初等部 学芸会レポート はこちら

 


H23年説明会レポートはこちら

H20年説明会レポートはこちら

 

小学校について

教育の特色

■森村学園の一貫教育について
大切なのは「知・徳・体」のバランス
正直:正直はすべての場合において最上策である
親切:人の親切であること。これが最上の人格であると心得て大きな間違いはなし
勤勉:人の力は無限に進むもの。怠けてはいけない。

「人を育てるのは樹を育てるのと同じ。根がしっかりしていないと倒れてしまう」。この信念のもとに森村学園では、幼稚園から高等部まで、人間形成を重視した男女共学の一貫教育を行っています。しっかりと張る「根」に大切なのが、「知・徳・体」の調和。本校では、生徒たちがそれぞれの年齢に応じて心身ともに健やかに成長し、同時に高度な学力を身につけられるよう、独自のカリキュラムを開発し採用しています。
特に初等部と中・高等部の授業においては、分割クラス制による少人数授業を実施。生徒一人ひとりの個性を大切にしながら、目配りの行き届いたきめ細やかな指導を行っています。さらに初等部では、学習と生活にゆとりを持たせるためいち早く週5日制を導入、人間形成に大きな効果を発揮してきました。
その他、初等部1年生から行う英語教育、中・高等部の希望者への海外研修や留学、海外からの留学生や帰国子女の受け入れ、海外転出者の復学など、国際色豊かな教育にも力を入れています。

「子どもたちの成長を温かく見つめ続ける一貫教育」
より高度な学力をつけると同時に、人としての温もりや誠実さ、社会で役立とうとする意欲を育むこと。 森村学園では、21世紀を担う真の国際人の育成を目指し、人間形成の土台を築く一貫教育を行っています。

 

■校長先生のことば
子どもは伸びる時期が一人ひとり違っています。小学校時代にはさほど成績が良くなくとも中高生になってから大きく伸びる子どもが沢山います。
小学校では、やる気になった時に自分の力を伸ばす基礎基本となる学力をしっかり身につけることが大切です。そのために1年生から大胆な専科制を採用しています。専門的な知識・技能を持った教員から年齢に応じた教育を受けることができます。一人ひとりの子どもに多くの教員が関わることにより、担任だけでは見落としてしまいそうな小さな変化や成長の芽を捉えることができます。
初等部では、教員は勿論のこと、事務員・現業員も力を合わせて子どもの成長を見守り育てます。校長・教頭も授業を担当し、できるだけ子どもと関わり一人ひとりの成長を見守るように心掛けています。
学園創立者森村市左衛門の願いは社会に役立つ人を育てることでした。「正直・親切・勤勉」の校訓の下、しっかりした学力を身につけた、品格ある森村っ子を各家庭と協力して、育てていきたいと思っています。

 

■教育の内容
小学生の「学び」は、将来の可能性を広げるための大切な基礎づくり。「遊び」は、好奇心や探究心を育むと共に、社会性を養います。
だから森村学園初等部のモットーは、「よく学び、よく遊べ」。
人を思いやり、自分で考え、自ら伸びる心が育つように、綿密な指導計画や教材研究を重ね、私たちは、子どもたち一人ひとりをしっかり見つめながら、充実した学校生活をサポートしています。

■教育の目標
・美しいものを愛し、自然を大切にする子に育てよう。
・困難を乗り越える強い心を持つ子に育てよう。
・基礎学力をしっかりと身につけ、向上心を持つ子に育てよう。
・友だちと仲よくでき、思いやりのある子に育てよう。
・体を鍛え、自分自身を大切にする子に育てよう。
・善悪のけじめをつけ、進んで善い行いをする子に育てよう。

■教育制度
○総合学習

教科の枠をこえ、自然や人、社会とのふれあいを通してつくる生き生きとした学習の場。子どもたち一人ひとりの自主性や主体性を尊重しています。「学校が楽しい」と思う気持ちを大事にした低学年の活動から始まり、中学年では、互いを思いやり共に協力しあうことの大切さを体験。そして高学年では、一人ひとりが課題を見つけ、自ら考えて実行する力を身につけていきます。

○英語学習
海外貿易の先駆者だった学園創立者の遺志を継ぎ、本校では開校当初より英語科を設置。外国文化の体験と理解にも重点を置いています。現在では1年生から英語科を実施し、会話やリスニング中心の授業により、耳と口が自然に英語に慣れるようにしています。高学年では1クラスを2分割し、ネイティブの教員を中心とした少人数制授業を行っています。

○命の学習
命の尊さや、自分自身を愛する気持ちを感じる体験を大切にしています。助産師や本校の管理栄養士との協力により、自分の命の始まりを知り、さらに成長の変化について学びます。また健康な体を維持するための正しい食生活について学習します。

○専科制
英語に加えて音楽、図工、体育は、1年生から専科制を採用。情操や創造力、表現力をより豊かに育んでいます。さらに中学年からは理科と社会、高学年では家庭科も専科とし、より密度の濃い教育を実現しています。
またこの専科制は、子どもたちが担任以外の教員と交流することにもつながり、学園生活をより豊かで楽しいものにしています。

○算数T.T. 2分割授業
算数は論理思考を培う上でも大切な教科。ひとつの単元が次の単元を学ぶ基礎となるため、各内容を十分に理解することが必要です。そこで3年生ではティーム・ティーチング(T.T.)を導入、複数の教員が丁寧な指導を行っています。
また複雑で高度な学習が始まる高学年は、学ぶ内容も増え、さらに緻密な指導が求められる時。そのため4年生から1クラスを2つのグループに分けて少人数化し、よりきめ細やかな学習指導を行っています。

○週5日制
「ゆとりの教育」が叫ばれる前から週5日制を採用。学力の向上とゆとりある生活を両立させる、独自のカリキュラムを進めています。家族とのふれあいも大切にしながら社会性を培うことを重視し、人間形成に大きな成果を上げています。

○安全対策
本校では不審者の侵入を防ぐ装置を設置しており、正門には守衛が常駐して学園内の安全を守っています。初等部では、避難訓練や不審者侵入防止訓練、緊急時集団下校訓練を定期的に実施。また安全な登下校のために、交通道徳の指導を徹底させています。

 

■6年間の成長をサポート
○1・2年生 
『学校生活の楽しさを実感することが「知」への探究心につながります。』
「なぜ?」「どうして?」。そんな疑問への答えを発見し、新しい得意分野や表現方法に出合う。低学年は、さまざまな「知」への好奇心や探究心を育て、これから学ぶ大切な土台を築く時です。一人ひとりが学校生活の主役として授業や遊びを楽しめるよう環境を整え、クラスメイトと共に学び遊ぶことを通して、社会性の基礎を築くようサポートします。

○3・4年生
『大きく変化を遂げる心に向きあい、芽生える好奇心や問題意識に応えます』
中学年は、子どもたちが心身ともにぐんと成長する時期です。自然観察などの理科的なテーマはもちろん、社会的問題への探究心も生まれる時だからこそ、どの授業でも子どもたちの問題意識に応えることを大切にしています。また自我の確立へ大きく歩み出す時でもあり、それぞれの心の変化に真摯に向き合うことも重要な課題です。学習・生活面の両面で、より豊かな人間性や社会性、好奇心をトータルに伸ばしていきます。

○5・6年生
『自分で答えを見出す喜びを学び、ふれあいによって社会性を養います。』
各教科とも学習内容がより高度になり、子どもたち自身が自分で考え、答えを見出すことが重要となる時期です。もつれた糸がほどけるように理解できる瞬間、その喜びを何度も体験してもらうことを大切にしています。
一方、各種委員会や行事など、あらゆる場面でリーダーの立場となる時です。下級生とふれあうことで思いやりを育み、高学年同士で多彩な課題に取り組むことで協調性を養います。好奇心をトータルに伸ばしていきます。

 

 


  
1クラスの人数 40名
教員数 正教員36名 
常勤31名、 非常勤5名
学期 3学期制 通学制限 なし
制服 あり  登校時刻 8時30分
宿題 あり 図書数 約12,000冊

土曜休み 土曜休み
昼食 給食:週5回
アレルギー対策 あり
外国語教育 英語。1,2年生週1回、3〜6年生週2回、1回の授業40分。
イギリス国籍のネイティブスピーカー2名。会話やリスニングを中心に。
パソコン 59台
保護者来校回数 参観日、懇談会、個人面談、PTA活動、行事等
習熟度授業 あり。5,6年生:算数
専科の科目 音楽、図工、体育、英語(全学年)、社会、理科(3〜6年)、家庭科(5、6年)
セキュリティ 警備員配置、防犯カメラ、入校証チェック、集団下校、最寄り駅までの見送り、校内を定期的に巡回、AEDの設置、保護者に通行証発行
クラブ活動 サッカー、野球、バスケ、バドミントン、卓球、体操、テニス、ダンス、音楽、演劇、理科実験、絵画陶芸、家庭科、太鼓、囲碁将棋
系列校 森村学園幼稚園、森村学園中・高

進学

  
受験指導 なし
小→中

約90%が併設中学校に進学。
条件・・・初等部校長の推薦

他校進学先例:慶応義塾、学習院中等科、麻布中学、栄光、聖光、桜陰、青山学院、暁星など

中→高 約98%が併設高校に進学。

学費

授業料(年) 558,000円
入学金 250,000円
その他 施設維持費(入学時150,000円、2年次以降72,000円)、給食費113,300円、諸費14,000円、預り金25,000円
寄付金 任意。1口50,000円、4口以上。備考:入学手続き後



過去の入試データ

 

受験番号決定 生年月日逆順 月齢考慮 あり
兄弟姉妹優先 なし 補欠発表方法 あり、郵送

選考方法 面接、ペーパー、個別、制作、行動観察

 面接

面談者 保護者(事前)
受験生(当日)
学校側の面接者 校長、教頭、一般職員
時間 7、8分 いつ 事前(保護者)
当日(受験生)

質問内容 志望の動機、家庭の教育方針、教育観、子どもの性格、長所・短所、子どもの興味・関心をもっていること、しつけ、子どもとの接し方(父子、平日、休日)、幼稚園での様子、兄弟関係、子どもをほめる時・叱る時、通学方法など

ペーパー

 
筆記用具 クーピーペン 用紙サイズ B5判 8枚以上
時間 約30分 形態 個別
訂正方法 横二本線出題分野 図形、位置、数、量、言語、常識、理科、推理、お話の記憶、常識

 

個別

時間 20分
内容 課題に対する作業、紙を切る、折る、のりで貼る、色を塗る等

 

制作・巧緻性

内容 集団、30分。テーマに対する作業(出されたテーマに対する、主として図工的作業)

 運動

時間  
内容  

行動観察

時間 全体で40分。試験全体を通して観察。
内容 自由遊び、及び上記の制作

 

 

 


過去の受験データ

H28年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約70名 
志願者数 男児204名 女児166名 合計370名
受験者数  
合格者数 男児53名 女児53名
補欠人数  

H27年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児163名 女児190名 合計353名
受験者数  
合格者数 男児55名 女児55名
補欠人数  

H26年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児182名 女児175名 合計357名
受験者数  
合格者数 男児54名 女児54名
補欠人数  

H25年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児155名 女児168名 合計323名
受験者数  
合格者数 男児55名 女児55名
補欠人数  

 

H24年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児176名 女児201名 合計377名
受験者数 男児157名 女児178名 合計335名
合格者数 男児59名 女児55名
補欠人数  

 

H23年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児153名 女児164名 合計317名
受験者数 男児131名 女児115名 合計246名
合格者数 男児59名 女児50名
補欠人数  

 

H22年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児180名 女児197名 合計377名
受験者数 男児167名 女児155名 合計322名
合格者数 男児60名 女児43名
補欠人数  

 

H21年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児200名 女児210名 
受験者数 男児170名 女児167名
合格者数 男児53名 女児45名
補欠人数  

 

H20年秋に実施された入試データです

募集人数 男女合計約65名 
志願者数 男児218名 女児229名 
受験者数 男児194名 女児186名
合格者数 男児50名 女児47名
補欠人数  

募集要項

2018年4月入学者用の日程です。  必ず小学校HPなどでご確認下さい。
募集人数 男女合計約65名
願書配布日 H29年9月1日(金)〜18日(月) 9:00〜16:00
初等部事務室にて。日曜・祝日は学園正門守衛室にて配布致します。
願書受付 H29年9月17日(日)〜20日(水) 郵送による受付(消印有効)
入学考査日 女子:H29年10月21日(土)
男子:H29年10月22日(日)
合格発表  
入学手続 H29年10月26日(木)

 

ひとこと
幼・小・中・高が併設され、自然にも恵まれた小学校です。
低学年専用の遊び場があります。
創立100周年に向けて室内プールの建設予定があるそうです。

 

森村学園初等部 展覧会レポート はこちら

森村学園初等部 学芸会レポート はこちら

 

 


ページトップへ

 

小学校受験新聞TOP首都圏小学校一覧 >森村学園初等部