小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


小学校受験新聞TOP首都圏小学校一覧 > 湘南学園小学校
しょうなんがくえんしょうがっこう

湘南学園小学校

 

〒251-8505
藤沢市鵠沼松が岡4-1-32
TEL/0466-23-6613
FAX/0466-23-6613
URL/ http://www.shogak.ac.jp/elementary/

 

校長名 榎本勝己
創立 1933年
アクセス 小田急鵠沼海岸駅より15分
江ノ電鵠沼駅より15分

紹介

 

 
■2016年学校説明会
◆ 第1回学校説明会 4月23日(土) 9:30〜  
◆ 第2回学校説明会 5月14日(土) 9:30〜  
◆ 第3回学校説明会・公開授業 6月18日(土) 9:30〜  
*内容は校舎見学、学校生活や行事の紹介、授業見学、教育実践の紹介などです。   
*第1回学校説明会と第2回学校説明会の内容は、ほぼ同様のものとなります。
(3/4追記)  

◆ 冬期学校説明会 2016年2月20日(土) 9:30〜 (※終了しました)  
◆ 夏期学校説明会 8月27日(土) 9:30〜  
◆ 秋期学校説明会 10月2日(日) 9:30〜   
*内容は湘南学園小学校の紹介などです。   
*初めて学校説明会に参加される方を対象としています。   
*開催が近くなりましたらホームページよりお申込の受付を開始いたします。

小学校体験授業  
◆ 第1回体験授業 5月28日(土) 9:30〜 (※4/23 9:00〜受付開始)  
◆ 第2回体験授業 7月23日(土) 9:30〜 (※6/18 9:00〜受付開始)   
*参加資格:年中・年長児(年少のお子様などは保護者の方とご見学ができます。)   
*各回、定員100名。定員になり次第申込締切いたします。

入試説明会 
◆ 入試説明会 9月10日(土) 10:00〜

公開行事
 
◆ たいいく表現まつり  10月8日(土) *予定  
◆ 音楽会        11月17日(木) *予定  
◆ 制作展        2017年2月を予定

 

■新聞記事の紹介

めざせ「エコスクール」 神奈川県藤沢市の湘南学園小

環境教育の国際認証「エコスクール」の国内初認定を目指し、藤沢市の湘南学園小学校が取り組みを進めている。児童が委員会を組織して、資源節約や校内の生き物を増やすことを目標に決めた。ごみ減量や腐葉土づくりに力を入れて、早ければ来春ごろの認定を目指している。

昼休み、あわただしくお弁当を平らげた児童8人が校舎脇の畑に集まった。シャベルで穴を掘り、校庭の掃除で集めた落ち葉を流し込んで埋めてゆく。「ミミズや微生物が増えて、花も実も大きく育つんだよ」と目を輝かせる。

同じころ校内の一室では、別のグループがポスター作りに励んでいた。屋上ビオトープの生き物の種類を図鑑で調べ、書き込んでいく。校内の至るところに貼られた手描きのポスターには、こうした活動報告や、電気や水の節約の方法が書かれている。

学校での環境学習プログラム「エコスクール」はデンマークで1994年に生まれた。日本での事務局を務めるNPO法人「FEE Japan」によると現在50カ国・地域の約3万2千校で900万人以上の子どもが参加している。

児童や生徒が主体的にごみ削減や省エネなどの課題を決めて活動することを重視する。登録後、一定期間の実践を経て、事務局の書類・実地審査を通過すれば、「グリーンフラッグ」が贈られる。日本での登録は今春始まり、現在8校が認定を目指して活動中だ。

海に近い立地を生かして海岸清掃や環境教育に力を入れてきた湘南学園小は、この春に登録した。地域の環境活動グループや個人に呼びかけてサポート委員会も組織した。斉木修教頭は「まだ始めたばかりで手探り状態だが、目標を決めたことで子どものやる気が違ってきた」と話す。

活動の中心になるエコスクール委員会は5・6年生を中心に組織し、「エネルギー、水、紙を大切にしよう」「植物や生きものを増やそう」の二つをテーマに決めた。月1回会合を開いて、インクカートリッジの回収などの新たな活動にも取り組む。

委員長を務める6年の望月雄友君は「最近は家でもちょっと我慢してエアコンの温度を緩めにしたりしている。早く認定を受けられるよう、みんなでがんばりたい」と意気込んでいた。

(asahi.com  2010.12.1 転載)

 

ページトップへ