小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


小学校受験新聞TOP関西 小学校一覧関西学院初等部
かんせいがくいん しょとうぶ

関西学院初等部

 

〒665-0844   
兵庫県宝塚市武庫川町6-27
TEL/0797-81-5500
FAX/0797-81-5010
URL/hhttp://www.kwansei.ac.jp/elementary/


校長名 田近 敏之
創立 2008年4月
児童数 535名
アクセス 阪急電鉄「宝塚」駅下車1100m
阪急電鉄「宝塚南口」駅下車800m
JR「宝塚」駅下車1200m
スクール
バス
なし

最新情報

入試傾向と対策

 

■説明会 
学校説明会  2017年4月15日(土)

入試説明会・個別相談会 2017年7月8日(土)

 

■体験授業 2017年6月24日(土)

■オープンスクール 2017年5月13日(土)

 

小学校について

スクール・インフォメーション

“目に見えないものに心を傾け、夢を育む学校”

■沿革
関西学院は1889年にウォルタ−・ラッセル・ランバスによって創立され、以来、キリスト教の教えに基づく「知・情・意」のバランスの取れた人間形成、国際社会に貢献できる「世界市民」を育成するための教育を実践してきた。2008年4月の初等部開校とともに、初等部もこの教育理念と精神を受け継ぎ、中学部、高等部、大学につながる16年一貫教育の基礎を担う。

■方針
キリスト教主義に基づく全人教育を「建学の精神」とし、
@キリスト教の教えに基づくたくましい生き方の育成
A真理を探究する確かな基礎学力の育成
B豊かな情操と国際感覚をもった世界市民の育成
を関西学院初等部の教育目標としている。

■教育の特徴
教員が子どもたち一人ひとりに細やかな接する「ハンドメード教育」、また子どもたちの能力や個性に見合った教育をする「テーラーメード教育」の二方向を基本とした教育を大切にしながら、各教科6年間一貫教育シラバスによる質の高い教科指導(「縦糸教育」)。
また、独自のカリキュラム「関学タイム60」(「横糸教育」)と名づけた時間を毎日設け、幅広い知識や高い能力、豊かな感性を育む。
「関学タイム60」では、目に見えないものに心を傾け豊かなこころを育む「こころの時間」、聴く・読む・伝える力を養う国語系の「風の時間」、国際理解を深める英語系の「光の時間」、論理的に考える力を身につける算数系の「力の時間」を毎日15分ずつ実施し、これらは教科ごとに系統立てて学ぶ時間(縦糸)をしっかりと結びつける横糸の働きを担う。
また、論理的思考力を養うために理数系科目と感性を磨くための音楽教育に力を注ぐ。さらに中学部、高等部、大学の生徒と児童が行事やスポーツなどの活動を共に行う「エルダース・システム」も関西学院初等部の教育の特色。

■学校行事
・リトリートキャンプ(2年生・4年生合同)
・自然体験キャンプ(3年生・5年生合同)
・カナダ・コミュニケーションツアー(6年生)
・春・秋の遠足、体育祭、文化祭、各宗教行事など

■教科学習
学習のねらい(何のために)、学習の時期(いつ)、学習内容(何を)、学習内容(どのように学ぶか)をまとめた、各教科6年間一貫シラバスによる質の高い教科指導を実施。
シラバス作成の柱となっているのが理数系科目の重視と国語・英語教育と情緒教育の充実。
この柱を基に、厚みのある、きめ細やかなプログラムを組み立てている。

■心の教育
心の教育キリスト教主義教育に基づき、関学タイム60の一つである「こころの時間」(礼拝)、聖書科授業などを通して、聖書の言葉が持つ人間を真実に生かす豊かなメッセージを子どもたちと共に分かち合い、いかに生きるかということを考える。


1クラスの人数 約30名 教員数 23名
学期 3学期制 宿題 あり
制服 あり 開始時間 8:15までに登校
通学制限 概ね1時間 図書数 約16,000冊
2011年までに30,000冊を予定。

土曜休み 第1、3土曜日は休み

昼食 弁当 (週5回)
外国語教育 英語(毎日20分、3年生以上はそれに加えて、毎週1時間の英語国際の授業がある)
関学タイム60の一つである「光の時間」の中で、全学年がネイティブの教員とコミュニケーションをとりながら、英語に触れ、異文化を学習する。
異なる言語や文化、習慣などに楽しく触れることによって、違いを違いとして自然に受け入れることができる姿勢を養う。また、3年生からはネイティブの教員による英語の授業を実施する。

パソコン ITルームに30台。ノートPC30台。各教室に電子情報ボードが設置され、それらを活用した指導を行う。またメディアルームにも自由に使用できるパソコンが設置されている。
専科制科目 聖書、音楽、図工
保護者来校回数 約11回(PTA行事は除く)
PTAの活動を通しての保護者との密接な連携。
授業参観や懇談会、教育講座(年6回)や聖書講座(年3回)などを実施。
習熟度授業 なし
セキュリティ ・校地外周にはフェンスと防犯センサー及び防犯カメラを設置。
・門衛所には2名の守衛が常駐し、常時校内巡視を行う。
・すべての児童がICカードを携帯。初等部玄関に設置したICリーダーにかざすことで、児童の登下校の情報が学校や家庭に送信される。
・登下校時は、通学路にガードマンが立ち、児童を見守り、交通安全指導、不審者の危害等から児童を守る。
クラブ活動 クラブ活動は4年生からを予定。
系列校 関西学院中学部、関西学院高等部、関西学院大学、関西学院大学大学院

進学

小→中 系列校である関西学院中学部への推薦入学の制度がある。
中→高  

学費

授業料(年) 800,000円
入学金 200,000円
その他 教育充実費200,000円  他130,000円  共に年間
寄付金 任意。500,000円  1口以上



過去の入試データ

過去の試験情報

受験番号決定 願書提出順 月齢考慮 非公表
兄弟姉妹優先 なし 補欠発表方法 なし

選考方法 面接・ペーパー・行動観察

 面接

面談者 子どもと保護者一緒に 学校側の面接者 校長・教頭・一般教員
時間 10分 いつ 事前

質問内容

本人:家庭や幼稚園での生活について、友だちのこと、お手伝いのこと、好きなたべもの、好きな本、好きなお花 など

保護者:初等部の教育構想、志望動機に関わること、家庭の教育方針、通学時間、専願か、似ているところ似て欲しくなかったところ など


ペーパー

筆記用具 クーピーペン(学校準備) 用紙サイズ B4判 横
時間   形態 1クラス約40名

訂正方法 斜め二本線
内容

お話の記憶・理解、しりとり、社会常識、数量比較、仲間分け、季節と行事、図形合成、異図形発見、推理など

常識:駅でのマナー、道路が工事中の時どうするか。
推理:四方観察
図形:異図形発見、重ね図形
理科:水量
数:分割
言語:しりとり


 

集団適性検査

形態 1クラス約16名。所要時間30分×3(運動・工作・観察)
内容

運動:リズムを重視した活動といくつかの種類の運動、ボールつき、タンバリンの鳴った数だけ友達と手をつなぐ

工作:決められたテーマのもとに、道具を使って材料をいかした作品の制作

観察:集団の中で、他者とのかかわりや社会性、自主性を生かした活動。宝さがしゲームなど


 

 個別

時間  
内容  

 

過去の受験データ

H28年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
出願者数 男女合計 140名
合格発表数  
補欠人数  

H27年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
出願者数 男女合計 140名
合格発表数  
補欠人数  

H26年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
出願者数 男女合計 152名
合格発表数  
補欠人数  

H25年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
出願者数 男女合計 165名
合格発表数  
補欠人数  

H24年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
出願者数 男女合計 145名 
合格発表数  
補欠人数  

 

H23年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
出願者数 男女合計 178名  
合格発表数  
補欠人数  

 

H22年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
志願者数 男児86名 女児92名 合計178名  
合格発表数 男児45名 女児145名 合計90名 
補欠人数  

 

H21年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
志願者数 男児90名 女児104名 合計194名  
合格発表数 男女合計 約90名
補欠人数  

 

H20年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
志願者数 男女合計 281名
合格発表数 男女合計 約90名
補欠人数  

 

H19年秋実施の入試データ

募集人数 男女合計 90名
志願者数 男女合計 513名
合格発表数 男女合計 約90名
補欠人数  

募集要項

注意*2018年4月入学者用の日程です。
募集人数 男女計約90名
出願期間 2017年8月23日(水)〜8月30日(水) 消印有効
※出願は郵送受付のみです。
入学試験日

【親子面接】9月4日(月)〜27日(水))
【適性検査(個別適性・集団適性)】10月1日(日)

合格者発表 10月3日(火)


その他について

■クラス替えは、当面一年毎を考えていますが、6学年が揃う段階で基本の形が決まる。

■低学年では生活指導に重点を置いた教科の指導が必要と考えクラス担任制をとる。
高学年でも同様にクラス担任制をとるが、教科指導において専科教師による指導も導入する予定。
低学年においても適宜専科教師による指導を行う予定。

■音楽教育は、豊かな感性を日頃より育むため、誰もが親しむことのできるリズムとハーモニーを大切にする音楽から入っていこうと考えを持って学習を行っている。また、朝の礼拝におけるパイプオルガンの音色、讃美歌をはじめとする宗教音楽に接することも関西学院は大切にしている。

 

 

■入試傾向と対策

情報協力:ヘッズアップセミナー

募集人員:男女合わせて90名

志願者数:男子 86 名    合格者数:男子 45名
       女子 92 名          女子 45名
       合計 178 名          合計 90名        

(H23年度入試) 

<願書配布>  7月10日入試説明会時に配布 *以降は、初等部門衛所・上ヶ原キャンパス 門衛所などの直接配布所で受取可

<願書受付け> 8/25〜8/31 郵送受付のみ

<入試T:親子面接> 9/23〜10/1
*本年は、9/23,24、27,28の4日間(9/25・26は、休み)で行われました。
例年は、男女別に 日程が分かれており男子の面接から始まりましたが、今年は初めて女子からスタートしました。 尚、10/1は海外等遠距離者の面接日となっています。

<入試U:集団適性検査>10/2(土) 実施
男子 受付 12:30〜解散15:20
女子 受付 14:20〜解散17:10

<入試V:個別適性検査>10/3(日) 実施
男女とも受付8:50〜解散11:40
ペーパーは、途中のトイレ休憩を入れて約2時間で実施されます。
ペーパーは、お話の記憶を含めて15問(枚数は、未定)でした。

<合格発表> 11/5 速達郵便 

<入学手続> 10/12 男子、10/14 女子 (制服採寸と入学手続き)

■親子面接(10分)
・磯貝校長先生とサブの先生
・面接時間のほぼ9割が子供に対する質問であり、本人の資質を深く観察されていました。コミュニケーション能力があると判断した子供には、幼児には難しいと思われる単語や質問の内容もされていました。

■H23年度 入試概要
<集団適性検査>
男女時間差で実施されます。集団検査は、小グループ単位(5〜6名)の4項目で、約90分をかけて実施されたようです。「Mastery for Service(社会と人の為に、自らを鍛える)」をスクールモットーとしている学校だけに、今年の4項目(共同制作・ゲームなど)は、協調性が重視される考査内容でした。昨年のボールつき(運動)一昨年のDVDのお手本を見ながらのダンス(音楽)は、実施されませんでした。

<個別適性検査>
昨年と同様に、初年度、21年度で実施されたような個別考査は実施されていません。推理(5問)数量(2問)図形(2問)言語(2問)道徳(1問)常識(2問 *カラー問題)お話の記憶(1問)の出題でした。お話の記憶は、今年も絵本からの出題でした。(朗読 5分 問題 5問)ペーパーは全てテープ(女性の声)で実施されました。集中して聞いておかないと問題の意味が理解できない出題でした。

 

■ H22年度(昨年)の入試傾向
親子面接内容(校長先生とサブの先生2人 10分)
・願書からの質問が、多かったようです。
・面接の冒頭、「花の道で匂う花はありましたか」「秋の空を見たことはありますか」などの質問は日替わりありました。
・関西学院初等部のことをお母さん・お父さんからどの様に聞いていますか。
・お友達とケンかをしたことは、ありますか。仲直りはどの様にしましたか。
・お母さんの作る料理で何が好きですか。
・お手伝いは、何をしますか。
*質問は簡単ですが、1つの質問に対して掘り下げた質問が多いです。

入試の内容
<集団適性検査>(1日目)
・昨年は、個別考査と音楽(ダンス)は実施されませんでした。
・(絵制作)5人一組で、動物園の絵に指示された場所に折り紙を切って貼る。
・(運動)ドッジボールを「バウンドさせ、1回ずつキャッチする」(30秒 回数)
・(指示行動)先生の叩いたタンバリンの数でグループをつくり、座る
・(行動観察)「宝探し」グループ(7〜8名)が、それぞれ先生から、情報を伝達されます。その、情報をグループごとに話し合い宝の場所をさがします。

<個別適性検査>
・お話の記憶(絵本 1冊 朗読7分)問題6問
・(推理)異図形の発見 2問 (回転した図形の中から仲間はずれを探す)
・(常識)冬の季節のものを選択
・(常識)「寿司ネタ問題」(カラー写真ページ)握り寿司とその材料を線でつなぐ
・(知識)(カラー写真ページ)花と同じ季節の昆虫を線でつなぐ
・(推理)重ね図形 4問 (推理)水と石が入っている絵が8つ、水が一番多いコップと少ないコップを選択
・(推理)重ねたカードを後から見たらどうなるか。
・(言語)しりとり 5×5の25枚のしりとりカードを縦・横・斜めに進む
・(数量)数の分割 「お団子を4人で分けたときの1人分の数」
・(常識)道路工事標識の進み方
・(道徳)駅のホームでのマナー
*個別考査は全てテープでの出題です。集中して支持を聞き理解することが大切です。

☆予備知識
1. 普段の幼稚園生活の中で、他人への思いやりや協調性が自然にでるように努力しましょう。
2. 駅、電車内、横断歩道のマナーやルールを身につけましょう。
3. 昨年から、カラー写真での出題がありました。図鑑なども良く見ておきましょう。
4. 親子面接では、受け答えの上手さよりも家族の雰囲気をみているようです。日頃から、子供との会話やふれあいの時間を持ちましょう。
5. ペーパーは各分野にわたり広範囲からの出題です。
6. 物語の読み聞かせ(15分位)を行い、内容や感じたことを親子で話し合いましょう。

 

■広告
新年度 関学クラスのご案内(PDF)

情報協力:ヘッズアップセミナー

 


ページトップへ

小学校受験新聞TOP関西 小学校一覧関西学院初等部