小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


小学校受験新聞TOP関西 小学校一覧帝塚山学院小学校
てづかやまがくいんしょうがっこう

帝塚山学院小学校

〒558−0053  
大阪市住吉区帝塚山中3−10−51
TEL/06−6672−1151
FAX/06−6672−3290
URL/ http://www.tezukayama.ac.jp/
grade_school/index.html

 

校長名 神原 利浩
創立 1917年
児童数 684名
アクセス 南海 帝塚山駅 徒歩1分
阪堺電軌上町線 帝塚山3丁目徒歩3分
スクール
バス
なし

 


最新情報

 

◆平成28年度帝塚山学院土曜スクールTSS見学ツアー◆
日時 2017年7月8(土)10:30〜12:00(10:00受付開始)

◆第2回学校説明会
平成29年5月24日(水) 9:00受付開始 9:30〜12:00頃
※お子様の参加とお預かりはできませんのでご了承ください。

◆入試説明会・体験授業
平成29年6月17日(土) 時間 9:30〜12:30(8:50受付)

◆公開授業
平成28年度 第1学期公開学習を5月21日(土)に行います。多数の方のご来校をお待ちしております。

受付
8:30 〜 (本校正門前)
TV朝礼および教室移動
8:45 〜 9:00
1限目
9:00 〜 9:45
2限目
10:00 〜 10:45

 

 

■入試インタビューは こちら

※受験をお考えになっている方は是非お読みください。

 

 


■授業見学レポート 英語編は こちら

 

■『帝塚山学院は土曜スクールを新設します(小学生対象)』 詳しくは こちら

■『帝塚山学院小学校の英語が変わります』の案内パンフはこちら
 詳しくはこちら

 

■文田 雅夫 前校長先生インタビュー はこちら

 

 

小学校について

建学の精神

「高い志、豊かな感性、他への思いやりを大切にし、
どの社会においても活躍できる、役に立つ人間を育てる」

■教育目標
人間として生きる力を育てる。
高い志・豊かな感性・他への思いやり

■小学部の教育の目標
情操豊かで、主体性と創造性を持ち、思いやりの心を持った子ども
 ・・・人間性に富んだ子どもに育てる

公共心、連帯と協力、奉仕の精神を身につけ、勤労を尊び、社会に役立つ子どもに育てる。

健康な体を持ち、同時に、健全で忍耐強い
 ・・・不屈の精神力を併せ持つ子どもに育てる。

広く国際的な視野
 ・・・全地球的な感覚を持った子どもに育てる。

 

教育の特色

特色ある授業

■専科制について
5・6年生からは教科担任制を取り入れ、それぞれの教科の専門性を高めながら指導しています。また、図工・音楽・理科・英語・書道・家庭科・図書については、専科の教員が担当しています。

■英語
1年生から6年生まで週1時間、英語を実施。コミュニケーションの1つとして英語をとらえ、話す楽しさや、通じる喜びを実感できるよう、ネイティブの指導のもと、ヒアリング、発音、ロールプレイなどの活動を通し、子ども達の興味・関心を高めながらすすめている。

■情報
情報教育の一環として、1年生から6年生までインターネットを取り入れた総合情報教育を一人一台のコンピューターでパソコン授業を実施。

■図書
小学校の図書室の蔵書数は20,000冊以上。コンピューター管理による貸し出しを行なっている。また、休み時間も常時開館している。図書教育の充実を図るため、1年から4年生までは、週に一度の図書の授業がある。専任の司書教諭がおり、読み聞かせ・ブックトーク・読書のアニマシオン等も授業に取り入れ、子どもたちの自主的な読書活動につながるよう指導している。

■道徳教育
・目標達成へ向け、日々の授業、道徳時間、ホームルームを含む学校生活の中で、意識しながら指導しています。

・学年を超えての交流(学年間交流)を積極的に実施しています。兄弟学年(1・6年生)(2・4年生)(3・5年生)以外にも1・2年生の生活科の中の交流や水泳授業などを他学年と実施。

■安全対策
・登下校時に、教員が「挨拶運動」で校門に立ちます。また、駅ホームに立ち児童に声かけをします。
・公開学習や行事の時などの一斉下校時には、混雑による事故・怪我を防ぐために教職員が駅方面や学校近辺を巡回し下校させています。
・登下校の時間帯にはPTAの保護者の協力で学校周辺や主要駅で児童への声かけや登下校指導をしていただいています。
・緊急時には、運動場で方面別にわかれ、電車通学の児童には、駅までの集団下校、徒歩の児童は教員が自宅前まで付き添い、下校するようにしています。
・各教室、廊下には非常用の通報ベルを配置し迅速に職員室・事務局に連絡が行き届くようにしています。また、各教室には職員室直通の備え付け電話も配置し受話器をあげるだけで職員室につながるようになっています。
・正面玄関に24時間警備員が常駐しています。また児童が学校にいる間には警備員が正門前にも立ち、学校周辺の安全に目を配っています。
・全体朝礼、長期休暇前などには自分の身を守る安全策、事故や怪我からの身の守り方などの安全指導を行っています。
・毎年四年生を対象に大阪府の交通安全協会または府警の方を招き安全講習会を行っています。自転車の安全な乗り方、乗る時の注意事項など体験を交えてわかりやすく教えていただきます。その他学年に応じた防犯講習会も実施しています。
・トイレの電灯は児童が入ると点灯するシステムを導入しています。省エネの観点だけではなく、人の有無を確認するという安全面も考慮しています。

 

■その他
・朝の読書タイム(月・水・金)
・毎朝、昼、全校に英語の音楽(歌)を流す。
・日記の提出
・音楽、図工、英語は専門の先生による専科授業(1年〜6年)(週1回2時間)
・3年生以上の理科専科授業
・1〜4年生、図書(週1回)専科授業
・2〜6年生の習字は書道室(畳の部屋)での授業
・5,6年生は教科別担当授業
・英語1〜4年は英会話ネイティブ教師と。5,6年生は中学校の英語の先生とネイティブ教師による授業
学力の充実とともに「人として生きる力を育てる」



1クラスの人数 42名
2009年度より1クラス38名
教員数 44名
学期 3学期制 宿題 あり
制服 あり 開始時間 8時25分までに登校
通学制限 なし 図書数 20,000冊

土曜休み 月4回土曜休み。
縦割り行事、体育大会、公開授業など土曜出校あり
昼食 給食
アレルギー対策 あり
外国語教育 英語。 週1回45分。
1〜4年、日本人、ネイティブ先生のティームティーチング。
5,6年生、中学校の英語の先生とティームティーチング。
6年1クラス2分割、ネイティブとのティームティーチング。
パソコン 50台 ワード、エクセル、インターネットによる調べ学習を行なう
保護者来校回数 約4,5回
習熟度授業 なし
代表的な
行事やイベント
七夕:昭和3年より、全員おそろいの浴衣で七夕踊り、金魚すくい、ヨーヨーつりなど
臨海:大正6年より。4,5,6年の3ヵ年5泊6日。キャンプ(2泊3日)、スキー合宿(3泊4日)
国際交流:4年以上希望者。学校交流を主体とする。
セキュリティ 警備員配置、入校証チェック、 最寄駅までの見送り 、登下校を保護者にメール送信、AEDの設置、保護者にIDカード発行
クラブ活動 野球、バスケ、バトミントン、卓球、テニス、合唱、手芸、吹奏楽、合気道、ハンドボール
系列校 帝塚山学院幼稚園、帝塚山学院中学校、同高等学校、帝塚山学院泉が丘中学校、 同高等学校、帝塚山学院大学・大学院

進学

受験指導 なし。 小・中連携授業あり。
小→中 約70%が併設中学校に進学。
条件:一定規準の成績、生活態度をクリアにすること   
進学先:灘、星光、東大寺、西大和学園、洛南、洛星など
中→高 約90%が併設高校に進学。

学費

授業料(年) 558,000円
入学金 250,000円
その他 教育充実費 年額 40,000円、 教育後援会 年額 12,000円以上、PTA会費 年額 12,000円、同窓会会費 30,000円(終身会費)、給食費 年額約81,000円
寄付金 任意。 150,000円



過去の入試データ

※過去の入試データです

受験番号決定 願書提出順 月齢考慮 なし
兄弟姉妹優先 非公表 補欠発表方法 非公表

選考方法 面接、ペーパー 、個別、制作、運動、行動観察、給食

 面接

面談者 保護者と児童別々 学校側の面接者 保護者:校長、教頭
児童:一般教員
時間 保護者:5分
児童:10分
いつ 保護者:事前
児童:試験当日
質問内容 保護者:本校志望理由、家庭での躾や方針など
児童:家族とのふれあい、交通道徳、一般道徳など

ペーパー

筆記用具 黒鉛筆 用紙サイズ B4判 8枚〜

訂正方法 年によって違う。
形態 集団。約20人。約20分。
分野 図形、位置、数、常識、お話の記憶  約40問

 

制作・巧緻性
時間 5分以内 個別
内容 手先を使った作業、迷路

 運動

時間 5分以内。  リズム運動、ボール運動など

 個別

時間 10分
内容 口頭試問
家族とのかかわり、家庭での様子、一般道徳、交通道徳など

 行動観察

時間 10分
内容 約20人単位で、部屋の中で自由に過ごす。
絵本、折り紙、お絵描き、積木など。

 

 

過去の受験データ

H28年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男児31名 女児93名 
受験者数 男児29名 女児91名 
合格者数 男児28名 女児90名 
補欠人数   

H27年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男児37名 女児96名 
受験者数  
合格者数  
補欠人数   


H26年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男児46名 女児100名 
受験者数  
合格者数  
補欠人数   
 

H25年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男女141名 
受験者数  
合格者数  
補欠人数   


H24年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者53名を含む)
志願者数 男女123名 
受験者数  
合格者数  
補欠人数  
 

H23年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男女児155名 
受験者数  
合格者数  
補欠人数  

 

H22年秋入試データ
募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男女155名 
受験者数 外部倍率1.6倍
合格者数  
補欠人数 若干名   
 

H21年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者53名を含む)
志願者数 男女161名 
受験者数 外部倍率1.7倍
合格者数  
補欠人数 若干名   
 

H20年秋入試データ

募集人数 男女合計114名 (内部進学者55名を含む)
志願者数 男児74名 女児135名 合計209名(内部男児18名、女児37名を含む)
受験者数 男児67名 女児117名 合計183名(内部男児18名、女児37名を含む)
合格者数 男児36名 女児78名 合計114名 (内部男児18名、女児37名を含む)
補欠人数 若干名   

 

H19年秋入試データ

募集人数 男児36名 女児90名 合計126名 (内部進学を含む)
志願者数 男児67名 女児145名 合計212名
受験者数 男児60名 女児127名 合計187名
合格者数 男児36名 女児90名 合計126名
補欠人数 今年 非公表。    ※前年11名

募集要項

注意*2018年4月入学者用の日程です。  必ず小学校HPなどでご確認下さい。

募集人数 男女約114名 (附属幼稚園からの進学者約40名を含む)
願書受付 9月1日(金)〜9月14日(木)の間に郵便局より簡易書留で郵送(郵送期間厳守。9月14日の消印のあるものまで有効)
保護者面接 H29年 9月5日(火)〜9月22日(金)
入学試験日 H29年9月29日(金)   
合格発表 速達郵便(9月29日発送)
入学手続き H29年 9月30日(土) 午前9時00分〜午後1時00分
  詳しくは こちら


小学校からひとこと
受験のための勉強ではなく、人としての基本を大切にして下さい。
「あいさつ、食事のときのマナー、お手伝い、人に対する思いやり」など生活の中で育むものとして、日々お子さんと摂してほしいと思います。練習で伸びるものは練習すれば良いのですが、それも点をとることにとらわれず、今何が大切かをご家庭でしっかりした考えを持っていただきたいと思います。

 

文田 雅夫 前校長先生インタビュー はこちら

 


帝塚山学院土曜スクール 生徒募集説明会の様子(22.1.23)

『帝塚山学院は土曜スクールを新設します』

■土曜スクールでは、プロの外国人教師が全てのクラスを英語で指導。

■生きた英語を習得するだけでなく、国際化時代における人間力を身につける事が可能。

■10人に一人の割合で、日英バイリンガルの学生助手がついてサポート。英語が全く出来なくても心配無用。

 

       授業取材レポート   (23.5.23)

 


5年生の授業です。先生は帝塚山学院中学校のミミ先生。 1クラスを2つに分けて、約20人に対してネイテイブと日本人の2人の先生(TT)が指導します。 5年生TTクラス。天気予報士になったつもりで、予想最高気温・予想最低気温も紹介します。 英語のプレゼンテーションが苦手な大人は多いと思いますが、帝塚山学院の子どもたちは全く嫌がらずに、身振り手振りを加えて発表していました。これは、これからの社会人にとって必要な能力だと思います。
5年生TTクラス 
「where is it?」 国・都市を探します。
5年生TTクラス。カリム先生です。高校でも教えています。 小学1年生の時の積極的な学習態度のままに、5年生になっても、 学び続けていました。そのことは本当に素晴らしいと思いました。
 
カリム先生と安喰彩子先生
(写真は帝塚山学院小学校さん提供)
 

■ 帝塚山学院小学校 授業見学レポート 英語編

1年生のクラス。子どもたちはカリム先生と英語で話したくてたまらない様子です。  
まず、基本的な語彙を増やしていきます。初めはゆっくりと繰り返させます。 次第にスピードアップして、ナチュラルスピードにしていきます。
帝塚山学院小学校の学習の基本姿勢「ゆっくり、少しずつ、丁寧に」が英語にも現れています。 カリム先生は、ネイテイブと日本人の2人の先生が指導する最大のメリットは、 二人で会話をして見せることで、子どもたちが「生きた言葉の意味」に気付くことだと 思っているそうです。そして、カリム先生と安喰彩子先生は、例文を理解することは大切ですが、 丸暗記して終わるのではなく、
自分の言葉として応用できるように指導しているそうです。

敷地内に、幼・小・中・高等学校があるので、あらゆる学習の連携がスムーズですね。今日は、小学校の英語授業を見学させていただいたのですが、中学校の英語の先生が小学校に教えに来てくださっていたり、逆に小学校の時に習っていた先生に中・高校で再び会えるのは、互いに信頼し認め合うことが出来て、学習にも良い影響があると思いました。一貫校の魅力ですね。

帝塚山学院小学校の英語の授業は全学年週1時間ですが、朝やお休み時間、帰りの時間などに英語の歌を流していたり、ネイティブ講師が食堂で子どもたちと一緒に食事をしたりスポーツをしたりして、授業以外の場所でもコミュニケーションをとるようにしているので、子どもたちはとても自然に英語を学ぶことが出来ます。1年生は、入学してまだ2か月に満たないのですが、とても積極的に英語学習に取り組んでいました。担当のカリム先生と彩子先生のコンビは見事なチームワークで、スピードとアクションで子どもを惹きつけます。子どもたちは夢中になって、椅子から身を乗り出して手を上げてカリム先生にアピールしていました。 カリム先生は、この帝塚山学院小学校で教え始めてから5年になるそうですが、帝塚山学院のお子さんたちを、「可愛い。元気。積極的。行儀が良い。」とおっしゃていました。そして、毎年子どもたちの理解力が高まり、英語学習の進度が早くなって行くことに驚いているそうです。子どものときはどんな発音でも真似ができるそうです。ですから、小学校1年生からの英語教育は必要ですと話してくださいました。

私は、いつも不思議に思っていることがあります。それは、英語には「褒める」言葉がたくさんあるのに対し、日本語は少ないように思うのです。その違いは何なのか、不思議に思っているのです。
日本語なら、「上手!」「賢いね。」「すごい!」「素晴らしい」「お見事!」・・・
英語では、「Great!」「 Very good!」「Super!」「Well done!」「 Amazing!」「 Excellent !」「Good job!」「 Fantastic!」「 Perfect !」「Superb!」・・・・など、単語だけでもたくさんの褒め言葉があります。
この違いは何なのでしょうか。カリム先生に尋ねてみました、すると、カリム先生は、 「僕たちは、褒め言葉が聞きたいのだと思います。だから、褒め言葉が多いのでしょう。それは、厳しい現実社会を生きていくには、褒めてもらって自信をつけなければ難しいからではないかと思います。」と答えてくださいました。


 

取材協力 幼児教室 けいkids+

 

 

       入試インタビュー   (23.9.7)

 

 


入試対策部 部長 村上重雄先生

 

村上先生に入学試験について詳しくお話していただきました。



今年の入学試験は一日になりました。昨年までは二日に渡っていたものを変更いたしました。
それは、受験生と保護者の皆さまの精神的、肉体的な負担を軽減するためです。なんといっても、受験生は幼児さんで、体調を整えて受験に臨んでほしいですからね。

入学試験の内容は例年通りです。
1、ぺーパーテスト
2、個人テスト(口頭試問、運動、制作等)
3、行動観察
4、学校給食を食べる
この4分野を総合的に判断させていただきます。



面接は、親子別々に行います。保護者は入学試験前に指定された日に行います。難しいことは聞きません。志願動機、家庭での教育方針等を伺っています。これも、評価するものではなく、様子を見せていただくだけですので、緊張していただかなくて結構ですよ。
面接のポイントは、1、挨拶 2、笑顔 3、相手の目を見る 4、素直に・・・ですね。
リラックスして答えてください。

ペーパーテスト・・・ B4サイズで14・5枚程度。図形、位置、数、常識、お話の記憶等があります。文字や数字を書く必要はありませんし、テストの内容も年齢相応の生活範囲内のものを出題していますので、特殊なお勉強は必要ありません。数も15までしか出していません。受験対策をしていらっしゃらないお子様を対象に作成したテストですし、当日のテストでも、練習問題をしてから始めますので、ご安心いただきたいと思います。

個人テスト・・・1対1でいろいろな質問の受け答え、言語、作業、運動などのテストを します。挨拶やお返事がきちんとできているか、通っている幼稚園の名前が言えるか等を見せていただきます。また、公共交通機関を使って通学される方もありますので、公共マナーが身についているかについての質問をします。受験児が家庭とどのように関わっているか。家庭ではどのように躾をしているか、受験児の言葉を通して家庭を見ます。作業では、はさみの使い方、返し方、ひものくくり方など手作業を見たりします。運動のところでは、跳んだり、くぐったり、リズム良く運動したり、ボールを投げたりします。

行動観察・・・集団での行動を見ます。昨年は、みんなでパズルをしたり紙芝居を見たりしました。譲り合ったり、気遣いをしたり、自分の行動と共に周りへの配慮も見ます。

学校給食を食べる・・・お箸の持ち方、お茶碗の持ち方、食べ方、マナーなどを見ます。残さずに食べることは大切なことですが、嫌いなものでも頑張って食べている様子が分かればよいのです。


入学試験では、どの分野についても平均した力を発揮しないと合格ラインに届きません。
帝塚山学院小学校は、偏差値や点数主義に偏らない真の知力・学力の定着とともに、 自学習の実践を目標としています。充実した学力にくわえ、伝統ある数々の行事の活動を通し、人間として生きる力を育てていきます。

ありがとうございました。

 

取材協力 幼児教室 けいkids+

 


ページトップへ

小学校受験新聞TOP関西 小学校一覧帝塚山学院小学校