小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


小学校受験新聞TOP全国小学校一覧>静岡サレジオ小学校
  しずおかされじお しょうがっこう

静岡サレジオ小学校

〒424-8624  
静岡市清水区中之郷3丁目2番1号
TEL/054-345-9321
FAX/054-344-0350
URL/ http://www.ssalesio-prim.net/


校長名 末吉 弘治
創立 昭和26年(1951年)4月1日
児童数 420名
アクセス JR草薙駅徒歩1分
静岡鉄道草薙駅徒歩7分
スクール
バス
なし

最新情報


■「静岡サレジオ小、上智大学と教育提携」インタビューは こちら

 

■在校生保護者の声 は こちら

 

 

 

小学校について

建学の精神

■創立者の精神
「人と人とのふれあいが、思いやりと自主性、豊かな愛を育みます。」

創立者聖ドン・ボスコは、キリストの教えた人生観や 人間観に基づき、子どもの心に愛情、知性、正しい 良心を育む予防教育法(Preventive Education)と いう独自の教育方法を打ち出した。 この教育法を 現代に継承し、「誠実な人間、良き社会人」を育てる ことをもくてきとしている。

教育のすべては、“キリストの心”を土台としています。

○真理に開かれたパーソナルな人
真の愛に生かされている人は、聖母マリア様のような内面から溢れ出る落ち着き、喜びと思いやりを持っている。ここから神を尊び感謝する心が生まれる。外部から強制されず内面からいかされた人は、個性豊かで活気に満ちている。

○愛が教育の基本です
“愛情”について創立者聖ドン・ボスコは「愛するだけでは足りません。相手が愛されていることを実感する愛を育みなさい・・・・」と言っている。キリストの愛の心を生活の中で実感できる人は、自分の存在そのものが「生かされている」という確信にささえられて生きる。

○こんな人を育てたい
地球は猛スピードで変化し続けている。そんな中で生活していくには、時の流れ、場所・環境の変化にも左右されない「心の核」を持ち、明日を生き抜く人。
・内面に心の支えを持っている子
・基本能力を発展させる子
・粘り強く逞しく生きる子

 

■教育方針
「温かい思いやりと活気に満ちた明るい子」の育成を目指している。

○どんな時にも良心の声に従い、前向きで、誰とでも一緒になって進んで奉仕する子   (あたたかさ)

○ 自分の能力を、みんなと助け合って精一杯伸ばす努力をする子 (しんけんさ)

○みんなと、力一杯がんばれる体力をつけ、何事にも挑戦する子 (たくましさ)

・祈りの場であるチャペルー独自の個性ある存在として生かされていることを知り、見えない創造主に心を向け、祈る場を持つ。

・学習の場である様々な教室―基礎能力を身につけ発展させ、集団でまた個々に自分らしい学びを創り上げていく場を持つ。

・体を鍛える場である運動場、体育館―年間の持久走、年齢に応じた基礎体力を培う場を持つ。



 

教育の特色

■星の子活動
6年生がリーダーや班内班長となり、1ー5年生をリードしながら進めていく福祉活動。宗教教育の精神性を土台にしている。

■国語、算数の基礎学力
個に応じて身につけさせ、それをベースとして他教科へと広げ、応用していく力をつける。

 

■国際教育
1.2年は英語の基礎力をT・Tで身につけ、3年生以上はオーストラリアの姉妹校との交流を通して異文化等言葉の背景にあるものを理解しながら学習。

 

■コンピューター学習
1.2年は、お絵かきを中心として慣れ、3.4年生は、文字を中心に行い、5.6年生は、絵と文字を合わせた表現力を培い、調べ学習やインターネット等学習の道具として使えるようにする。。

 

■礼法
日本の文化伝統の中で培われた挨拶や日常の作法の基礎を知り、体験する。

 

■総合学習
3、4年は、宗教教育で学んだものをオペレッタ等、全員が関わる表現活動として仕上げる。5,6年では、星の子活動を企画立案し、自ら進んで「他の人々に喜んでもらい、それが自らの喜びになる」福祉活動を行う。教師は助言や資料をそれに合わせ提供し、子どもの学習を支える。

 

■放課後の活動(希望者で編成)
3年生以上の希望者は、
・週に1回スクールバンドに参加することができる。静岡祭や校内での行事で演奏の機会もある。
・体育科の延長として遊びや様々な運動を通して週1回体育教師と課外体育を行う。また、水曜日にはボール・ゲームクラブを開いている。
・1年生から特別宗教(ジョイアクラブ)に参加することもできる。



 



取材記 (末吉校長先生のお話から)

静岡サレジオ小学校は、同一キャンパスに、幼稚園・小学校・中学校・高等学校が一貫した目標のもとに教育を行う小学校です。創立者聖ドン・ボスコは、キリストの教えた人生観や人間観に基づき、子供の心に愛情、知性、正しい良心を育む予防教育法という独自の行為方法を打ち出した方です。
本校は、この教育法を現代に継承し、「誠実な人間、良き社会人」を育てることを目的としている小学校です。

静岡サレジオ小学校の教育の特色は、「インターナショナル・インテリジェンス」です。
具体的には、
1、カトリック精神を基とする道徳教育 
2、国語・算数を主とした基礎学力の充実と個に応じた教育
3、世界とつながる国際教育の重視
4、全校縦割グループによる福祉活動
5、心を育む体験学習の充実
6、基礎的運動能力を重視した体力づくり
7、コンピューターの基礎学習
8、日本の伝統文化を身に付ける礼法を通じて、次代へ羽ばたく人に育っていくように導いています。

本校は、とてもまじめな学校ですし、明るい学校ですし、厳しい学校ですし、とても優しい学校でもあります。子供たちに、人間としてとても大切なことを教えている学校なので、教員も真剣に子供たちに接しています。でも、子供たちの心をほぐさなければ大切なことは心の内に入っていきません。ですから、教員は笑顔でいつも子供と一緒にいる、そんな学校です。授業のときだけでなく、遊ぶときにも一緒に遊びます。いつも子供とともに居ることを、「アシステンツァ」といいます。どこまでも子供に寄り添うのです。そして、いつも子供とともに居て、子供の新しい面を発見し、認め、見守るのです。

子供に寄り添う学校ということで、受験希望者も増えています。HP上で事前にご連絡をいただければ、いつでも学校案内をさせていただきますと表記していますので、本校を見学し、面談される方は本当に多いですよ。ほとんど毎日のように、訪ねて来られます。どうぞ、お気軽にお越しください。家庭と学校がともに子育てをするのですから、学校を知っていただき、ご理解いただいて入学していただくのは当然のことです。

(取材協力: 幼児教室けいkids+)



 

  インタビュー 

 

静岡サレジオ小・中・高の末吉弘治校長にお伺いしました。

 

地方からの情報発信・「静岡サレジオ小、上智大学と教育提携」

:この度の上智大学との教育提携について概要・意義についてお伺いします。
A:静岡サレジオ小・中・高等学校は、上智大学との教育提携により、小学校から大学までのカトリック一貫教育を実現しました。小学校の定員は1学年70名ですが、その中から30名程が上智大学への特別推薦制度が適用されるソフィアコース(中学3年時にコース分け)に進学できる仕組みになっています。中学と高校で若干の補充入学者もいますが、小学校からの一貫コースがその主流となります。
「キリスト教ヒューマニズムも国際性も、人格形成の土台になるもので、もはや素養というべきものでしょう。真に世界の人々と心を通わし、共に仕事ができるためには、単に英語が話せるとか、国際経済に詳しいとか、それだけでは足りないということです。上智大学がカトリック小学校と教育提携した意義はそこにあると思います」

 

Q:国際人の育成は、小学校段階からの心の教育に、その真価が問われるということですね。 提携によって今までの取り組みと変わるところはありますか?
A: 「この度、私どもの学校が小中高12年間を4−4−4の前期、中期、後期の3区分に分けたのは、中期にスポットをあてるためです。多くの中高一貫教育は大学受験のための前倒しカリキュラムを採用し、中学1年から詰め込みが行われ、どんな進学校も少なからず、ドロップアウトしてしまう生徒を生んでいます。これを解消するべく、小5〜中2の一番難しく、一番重要な時期にこそ、じっくり考えたり多くの体験をさせたりする仕組みを作りました。」本気で打ち込むクラブ活動、地域でのボランティア、オーストラリアでのホームステイ体験など多様な活動プログラムが組み込まれているとのこと。基礎基本の徹底を目指す前期、満を持して進学別コースに分かれる後期と相まって、充実した12年間一貫教育が見えてきます。

 

Q: 末吉校長は大学受験に特化した詰め込み教育ばかりに時間を費やすのではなく、人間教育にも十分な時間をかける必要があるとのお考えがよくわかりました。最後に、入学希望者に望むことはなんでしょうか?
A: 「先ず、わが子を愛し、友だちに期待し、先生に期待し、学校を愛するようになれる保護者を望みます。」「子どもはその環境があれば、良く育ちますから。」

 

最後に
静岡サレジオ小は、静岡市内が募集の中心ですが、一時間以内の通学なら許容範囲です。東京、神奈川からの転居組も視野に入れているとのことで、東京のお受験事情から別視点で静岡サレジオを検討するのも興味深い選択肢と言えそうです。

 

☆参考: 上智大学との教育提携について こちら(pdf)

(取材協力: こども算数教室)



 


ページトップへ

小学校受験新聞TOP全国小学校一覧>静岡サレジオ小学校