小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


小学校受験新聞TOP「合格のための正しい学習法」 2013>第16回

こぐま会代表 久野先生からのアドバイス

掲載 2013年6月18日

第16回

 数の理解度チェック法

 

 

  

 

基礎段階の学習を終え、過去問を中心に難しい問題に取り組んでいることと思います。
受験問題の中心になる「数」については、今の段階でもう一度理解度をチェクし、解決していない問題をしっかりトレーニングした後、「難問」に取り組む必要があります。数に関する入試問題は「複合問題」が多く、一度答えを出して、その答えに基づいて別な数の操作をする…といったように、一つの問題を解くために、いろいろな数の操作が同時に求められています。苦手なところを放置してしまうと、こうした複合問題でつまずいてしまいます。
「数の操作」に関するどうしても外せない以下の15項目について、もう一度理解度をチェックしてください。

@ 二つの数の違いがわ分かる

A 〜より〜個多い(少ない)数が理解できる

B 話を聞いて、「数の合成」「数の分解」を暗算することができる

C おはじきを使い、次にペーパーで、最後は暗算で、数を2〜4等分することができる

D かけ算の基礎となる、「一対多対応」がしっかり理解できている

E 数のまとまりを作る「包含除」の操作が理解できる

F 5〜10までの数について、「数の構成」を暗算で答えられる

G 3×3方眼を使って10の構成が素早くできる

H 話を聞き、2段階に変化する「数の増減」について暗算できる

I 同数からスタートした二者間の「数のやりとり」が理解できる

J 一対多対応・包含除の考え方を応用した「交換」の問題が理解できる

K 「魔法の箱」による数の変化の法則性を発見し、適用できる

L 一対多対応が絡んだ、「数の複合問題」が解ける

M 話の内容理解の中で数の変化を捉え、暗算で答えを導き出すことができる

N 一場面の絵を使った、「数の総合問題」に対し、素早く答える事ができる

 

以上、数の操作に関する大事なチェック項目を15ほど掲げましたが、同じ課題でも難易度はまちまちです。
どんな問題でチェックするかは大事なことですが、こぐま会で出版している「ひとりでとっくん」シリーズを使っていただくのが手っ取り早いと思います。難易度の違う問題が、30枚のペーパー問題に順番に並んでいますから、どこまで理解していて、どこから分からなくなるかがチェックできるはずです。

その上で、最近よく出題される新傾向の問題にチャレンジしてください。できない場合は、一度基本に戻り繰り返しトレーニングしてください。
今のトレンドは、「一対多対応」「交換」「数のやりとり」「一場面の絵を使った総合問題」です。
決して解き方を記憶させたり、パターンで教え込むことはしないでください。自分で考え、自分で解く力を身につけなければ、現在の工夫された入試問題には対応できません。
「教え込みの教育」を受験教育から排除しなければ、子どもたちの「考える力」は育たないということを、各小学校は、出題する問題を通して受験者にメッセージを送り続けているのです。
そのことに気づかない教え込みの指導法が、受け入れる小学校側で大きな問題になっています。型にはめ込んだ教育では、将来伸びないということを一番よく知っているのは、現場の先生方です。そこから発せられるメッセージを真摯に受け止めなくてはなりません。
受験に向けた準備教育が正常化されるのを一番願っているのは、子どもたちを受け入れる小学校の先生方だと思います。
苦痛以外の何物でもない厳しい環境の中で、教え込みの指導受けてきた幼児たちは、入学後、学ぶことへの興味・意欲を持てず、無気力な生徒になってしまいます。そうならないためにも、自分で考え、自分で答えを導き出す過程を大切にしてください。

 

   

 

最新 久野先生のコラムはこちら (こぐま会HP 室長のコラム)

こぐま会教材はこちら

 

推薦コラム

 室長コラム 第382号「難しい数の問題にどう取り組むか」 こちら
 何をどう学習したらよいのか 質問36「数の領域、夏休みの難問対策」 こちら

 

 

 

☆こぐま会トピック

・こぐま会 「夏季講習会」 こちら

・こぐま会室長講座 「合格カレンダー連続講座」 こちら

・年長児対象 吉祥寺教室「Precious Class+α 立教女学院対策講座」 こちら

・書店こぐま会セミナー 「夏休みに入試レベルの難しい問題を解くには+合格を左右する行動観察+絵画・製作」  こちら


 

 

ページトップへ