小学校情報

首都圏小学校一覧 近畿圏小学校一覧 全国小学校一覧 授業体験レポート 併設中学校情報

学習について

合格に必要なこと 受験用語集 受験問題集販売書店一覧

幼児教室情報

首都圏幼児教室一覧 近畿圏幼児教室一覧 全国幼児教室一覧 模擬試験実施一覧 幼児教室授業体験レポート

必読!生の声

在校生保護者のコラム 受験生保護者のコラム 小学校別感想ファイル


小学校受験 願書 説明会 情報

小学校受験 説明会 情報

小学校受験 アドバイス

小学校受験 模擬試験

私立小学校 特集

小学校受験新聞 ブログ

子育て・教育ニュース ブログ

 


有名幼稚園情報 掲載中!
幼稚園受験新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お気に入りに追加

幼稚園受験.com
有名幼稚園116園掲載

西東京版幼稚園受験.com
西東京の幼稚園150園掲載!

関西版幼稚園受験.com
関西の幼稚園225園掲載!

中学受験わかばナビ
中学受験情報が満載です

キッズライフなび
子育て情報が満載です


HOME>こぐま会代表 久野先生に聞いてみよう! 35

 こぐま会代表 久野泰可先生に聞いてみよう!

読者の皆様から、幼児教育や小学校受験学習についてのご質問やお問い合わせを多く頂戴いたします。また、問題集や教材の使用方法についてのご質問も増えております。
小学校受験新聞では、幼児教育、小学校受験学習、教材の使用方法など質問について、幼児教育実践研究所 こぐま会 代表 久野泰可先生にお答えいただき、皆様の家庭学習の参考にしていただければと思っております。


家庭学習や教材、小学校受験に関することなどの質問を受け付けております。ご質問の多いものの中から弊社で選び、久野先生にお答えいただきます。

 

 

第35回 (終)

  正しいお受験をしていただくために



   久野泰可先生から皆様へ

 

4月から今日まで、小学生受験新聞のコラムに執筆させていただき、また多くの皆さまにお読みいただき、大変ありがとうございました。3月に小学校受験新聞の方とお会いし、小学校受験で大変苦しんでいるご家庭が多いので、実際の現場を担当している先生から、「間違った受験対策にならないようアドバイスをお願いしたい」というお話をいただきました。そのお考えに賛同して、毎週1回ずつ、質問に答える形で書き続けてまいりました。このシリーズは今回でいったん終了させていただきますが、また現場の人間がもの言う必要があれば、これまでの経験をお話させていただこうと思います。

 

ネット社会の普及で、掲示板をはじめ、さまざまなブログで小学校受験が語られていますが、匿名を理由に、事実に反した意見や、広告宣伝と思われる記事、また誹謗中傷にあたる記事などたくさん目にしてきました。私は、正しい情報と現場からの意見を、書き手の名前を明らかにした上で、述べるべきだと考えてきました。今回は間違った受験対策にならないようにという想いを、これから受験を目指す皆さんに向かって書き続けてきました。批判も承知の上で、自分の考えと経験を明らかにしてきたつもりです。

 

受験を通して子どもをつぶさないためにも、名前を明らかにして堂々と議論すべきです。そうでないと、もともと情報が公開されず噂話が先行するお受験界をますます混乱させる結果になり、それは受験を目指すご家庭を混乱の渦の中に落とし込めることにもなりかねません。学びのスタートの時期を、いやな思いで過ごすくらいなら、はじめからお受験などしない方が、その子の将来のためには良いと思います。幼児期の基礎教育の延長に受験があることをしっかりとらえ、受験のための学習と、それを取り巻く人間関係の悪化によって、人格を破壊したり、学習することを嫌いにさせないためにも、しっかりとした理念を持って取り組むべきです。自分ですべてを判断できないことが多い幼児が対象だからこそ、周りの大人の気配りが必要です。

 

36年間もの間、小学校受験の指導の現場に身を置いて、幼児期の基礎教育を実践してきましたが、今はっきり言えることは「お受験」は特別な教育ではなく、学習を含めた「まともな子育て」の結果として取り組んでいけるものだと思います。将来の学習の基礎を作る大事な幼児期の教育に、ひとつの目標として「お受験」を据えれば、家族一丸となって取り組む価値は十分あると確信しています。お受験がゴールではなく、新たな学習のスタートでもあるということをしっかり認識し、子どもをつぶす間違ったお受験対策にならないよう、一歩一歩前進してください。

 

 

最新 久野先生のコラムはこちら (こぐま会HP 室長のコラム) 

こぐま会ネットショップ はこちら

取り扱い書店一覧

 

推薦コラム
間違った受験対策が行なわれる背景
教材づくりは幼児教室の命です
物事に働きかける経験の大切さ
合格者からのアドバイス